安全で効果のある避妊ができるダイアン35を正しく知ろう

ダイアン35の効果や作用について

ダイアン35は、多くの女性にとって大きな悩みといえる月経困難症に効果的な医薬品です。

知名度と信頼性の高い製薬会社であるバイエル社が手掛ける製品の1つで、毎日決まった時間に服用するだけで十分な効果を得られます。

月経困難症改善のほか、避妊効果を期待して服用することもできるので、避妊目的で服用する方々もいます。

ダイアン35の基本的な効果と仕組みは、ほかの低用量ピルと大体同じです。

有効成分として黄体ホルモンの酢酸シプロテロンと卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールが配合されています。

これら2つの女性ホルモンを摂取して体内のホルモンバランスに影響を与え、妊娠していると脳を錯覚させます。

この作用により、排卵を促すホルモンの分泌を抑えて子宮内膜を薄くします。

その結果、排卵を抑制し、子宮頚管粘液の粘度を高めて受精しにくいようにし、避妊効果を発揮します。

また、子宮内膜を薄くすることによって月経困難症の症状を緩和する効果も発揮します。

排卵が起きて体が妊娠の準備に入ると、厚みをもった子宮内膜から痛みの原因物質が作られます。

この物質は、子宮内膜が剥がれ落ちる際に子宮を収縮させ、血液を外に押し出しています。

このとき、痛みの原因物質が過剰に作られていると子宮が激しく収縮し、月経困難症の症状に繋がります。

ダイアン35の作用で子宮内膜を薄くすることにより、痛みの原因物質が過剰に作られるのを抑え、月経困難症による痛みを抑えます。

経血量の減少にも繋がるので、体にあまり負担をかけず、月経困難症による不快な症状を改善することができます。

ほかにも、ダイアン35には強力な抗アンドロゲン作用をもつという特徴もあります。

体内でアンドロゲンが作り出されにくくしたり、アンドロゲンが受容体という部分に結びつかないようにしたりします。

アンドロゲン依存性のニキビや多毛も同時に改善できるため、気になる肌トラブルや多毛の悩みも解決へと導きます。

ダイアン35の服用について(用法用量)

1日1回、1錠を水やぬるま湯と一緒に服用します。

生理が始まった日に服用を開始し、毎日同じ時間に服用してください。

21日間連続して服用したあと、7日間の休薬期間を設け、これを1サイクルとします。

29日目からは新しいシートを取り出し、同様のサイクルで服用を再開してください。

ダイアン35を服用する前に該当していないかチェック

ダイアン35を服用してはいけない人

妊娠中の方や授乳中の方は服用しないでください。

35歳以上で1日15本以上の喫煙をする方も、心血管障害があらわれるおそれがあります。

また、血栓性静脈炎や肺塞栓症、脳血管障害、冠動脈疾患の症状やその疑いがある方、高血圧の方なども症状を悪化させるおそれがあります。

 

重篤な肝障害や腎疾患の方も、ダイアン35の効果や副作用が強まる可能性があるので服用を控えてください。

ダイアン35との併用に注意するべき医薬品

オムビタスビルやパリタプレビル、リトナビルとダイアン35の併用は禁止されています。

これらの治療薬と併用すると、肝機能値を悪化させてしまう可能性があるため危険です。

すでにこれらの医薬品を服用している場合は、ダイアン35を服用しないでください。

 

副腎皮質ホルモンや三環系抗うつ薬との併用は、これらの医薬品の代謝を抑える可能性があります。

テトラサイクリン系やペニシリン系の抗生物質は、腸肝循環による再吸収に影響を与えてしまいます。

 

ほかにも、血糖降下薬やHIVプロテアーゼ阻害薬、非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害薬、セイヨウオトギリソウとの併用にも気をつけてください。

血糖降下薬との併用は、耐糖能を低下させてしまい、血糖降下薬の効果を弱めてしまいます。

HIVプロテアーゼ阻害薬や非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害薬と併用すると、エチニルエストラジオールのAUCを減少させるおそれがあります。

セイヨウオトギリソウとの併用も、効き目に影響を与えてしまうので注意しましょう。

ダイアン35の注意点

2サイクル連続して消退出血が確認できなかった場合、妊娠している可能性があります。

また、服用中に激しい下痢や嘔吐が続くと避妊効果が低下する可能性があるため、他の避妊法と併用したうえで、かかりつけの医師へご相談ください。

 

もし飲み忘れてしまった際は、飲み忘れてから1日以内であれば気付いた時点で1回分を服用し、当日分も普段どおりに服用してください。

2日以上飲み忘れていた場合は、そのサイクルの服用を中止して生理が来るのを待ち、次の生理が来たら新しいシートから服用を再開してください。

その間は、避妊効果が落ちている可能性があるため、他の避妊方法と併用しましょう。

ダイアン35を服用することで引き起こされるおそれのある副作用

頭痛やめまい、下腹部痛、体重増加、気分の落ち込みなどが報告されています。

嘔吐や不正出血、乳房の張りや乳房痛も副作用としてあらわれる場合があります。

重い副作用では、主に血栓症が報告されています。

そのほかに副作用と思われる症状があらわれた際は、速やかに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

ダイアン35を服用している方の口コミ

20代

1粒が小さくて、はじめて低用量ピルを飲む私でも飲みやすかったです!

副作用も全然感じないから安心感抜群で、すっごくいいです!

お値段も高くなかったから買いやすいし、またなくなったら買わせてもらいます~!

30代

ニキビがひどくて、最初はニキビを良くする目的で飲んでいました。

途中でつらかった生理痛がマシになってるのに気付いて、そこからは生理痛対策で飲むことにしました。

おかげでニキビも綺麗に治りましたし、生理痛もだいぶ楽になりました。

30代

これを飲んでいたのに妊娠してしまいました。
仕事も安定してきたし、そろそろ子供が欲しいかなと思っていたので別にいいんですが、とても驚きました。
本当に避妊効果があるんでしょうか・・・?

20代

アジアに住んでる人向けって噂を聞いてたのにガッカリ。

副作用がすごく強くて、生理痛をよくするとか避妊とか、それどころじゃない。

30代

つらいのを我慢しなくても飲める、良いピルですね。

肌もよくなる、体の毛もマシになる、しかも避妊と生理痛の軽減もできるの良い事づくしです!

ダイアン35を購入する方法とは?

ダイアン35は、日本国内ではまだ承認を受けていない未承認薬です。

医療機関では処方してもらうのが難しいため、個人輸入代行の通販を利用するのが確実な方法です。

Amazonや楽天などの大手通販サイトと同じような感覚で利用でき、自宅から簡単にダイアン35を購入することができます。

難しい専門知識がなくても利用できますが、手元に届くまでは2週間ほどの時間がかかるので余裕をもった注文を心がけるのが重要です。

医療機関での処方よりも安く、好きなときにダイアン35を手に入れられるのが魅力です。

ダイアン35の購入はこちら

Copied title and URL