個人輸入代行で買える低用量ピル初心者が使いやすいレベレッテ

レベレッテは女性ホルモンを含有する経口避妊薬です。

錠剤に含まれている2つの女性ホルモンが体内の女性ホルモンバランスに作用し、排卵が起こらない状態にします。そうすることでほぼ100%避妊に成功し、望まぬ妊娠を避けることができます。

なお、レベレッテはマイクロジノンのジェネリック医薬品です。日本未承認の医薬品ですが、国内で人気のトリキュラーと同じ女性ホルモンが配合されているため、安心してお使いいただけます。

レベレッテの効果や作用について

レベレッテのような経口避妊薬は低用量ピルとも呼ばれ、卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2種類の女性ホルモンが含有されています。

これらの女性ホルモンは継続的に摂取することで、排卵時に必要なホルモンの分泌を抑えて排卵を起こらなくする作用があります。同時に子宮頸管粘膜の粘度上昇や子宮内膜の増殖抑制などの作用もあるため、正しく服用することで妊娠が成立しにくくなります。

低用量ピルには確実な避妊効果のほかにもPMSの軽減、生理痛や生理不順の緩和、大人ニキビや多毛症の改善、子宮内膜症治療など様々な服効能があるため、健康や美容のために使用する女性も目立ちます。

レベレッテは、黄体ホルモンのレボノルゲストレルと卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールが配合された第2世代1相性に分類される低用量ピルです。

レボノルゲストレルは他の黄体ホルモンに比べて不正出血が起こりにくく、規則正しく消退出血が起こる特徴があります。また、すべての錠剤が同じ女性ホルモン比率のため、飲み間違いの心配がありません。

 

低用量ピル自体は日本でも多くの取り扱いがありますが、月経困難症や子宮内膜炎治療以外の処方はすべて保険適用外となります。そのため、高額な治療費がかかってしまいます。

しかし、レベレッテはマイクロジノンのジェネリック医薬品かつ海外製ピルのため、安価にお試しいただけます。

低用量ピルは継続的な服用が必要となるので、金銭的な負担を減らしたい方には安価に試せるレベレッテはおすすめです。

レベレッテの服用について(用法用量)

月経が始まった日から1日1回、1錠を水やぬるま湯と一緒に服用します。

その後は7日間旧役して、29日目からは新しいシートから服用を開始して下さい。

 

月経開始日以外から服用を開始する場合は、服用開始から1週間は他の避妊方法を併用して下さい。

なお、服用するタイミングに指定はありませんが、飲み忘れを防ぐためにも毎日同じ時刻に服用して下さい。

 

休薬期間中に服用中に消退出血があります。

ただし、2周期連続で消退出血がない場合、妊娠している可能性があるので医師の診察を受けてください。

飲み忘れた場合

飲み忘れてから24時間以内に気づいた場合には思い出したときにすぐ服用し、当日分は通常通り服用して下さい。1日に2錠服用することになりますが、避妊効果には変化はありません。

翌日からは再び1日1錠同じ時刻に服用して下さい。

 

2日連続して飲み忘れた場合には服用を中止して、次の周期から新しいシートで服用を開始して下さい。なお、新しいシートで服用を開始するまでは避妊効果が得られないため、他の避妊方法を行なって下さい。

レベレッテを服用する前に該当していないかチェック

・経口避妊薬にはHIV感染や他の性感染症を防ぐ効果はありません。

・本剤服用中にセイヨウオトギリソウを含む食品は摂取しないで下さい。

・本剤服用中に激しい下痢や嘔吐が続いた場合は薬の吸収が悪くなり、妊娠する可能性が高まるので他の避妊方法を行なって下さい。

・長期的に服用する際は6ヶ月毎に検査を受けて下さい。

レベレッテを服用できない方

・本剤の成分に対して過敏性素因がある方

・エストロゲン依存性悪性腫瘍、子宮頸がん(疑い含む)の方

・診断が確定していない異常性器出血のある方

・血栓静脈炎、肺塞栓症、脳血管障害、冠動脈疾患もしくは既往歴がある方

・35歳以上かつ1日15本以上のタバコを吸う方

・前兆を伴う偏頭痛のある方

・肺高血圧症や心房細動を合併、亜急性細菌性心内膜炎の既往歴がある心臓弁膜症の方

・血管病変を伴う糖尿病の方

・血栓性素因のある方

・抗リン脂質抗体症候群の方

・術前4週間以内、術後2週間以内、産後4週以内及び長期安静状態の方

・重篤な肝障害がある方

・肝腫瘍のある方

・脂質代謝異常のある方

・高血圧の方

・耳硬化症の方

・妊娠中に黄疸や持続性そう痒症、妊娠ヘルペスの既往歴がある方

・妊娠中や妊娠の可能性がある、授乳中の方

・骨成長が終了していない可能性がある方

・オムビタスビル水和物、パリタプレビル水和物、リトナビル配合剤服用中の方

レベレッテの服用に注意が必要な方

・40歳以上の方

・子宮筋腫のある方

・喫煙している方

・肥満体型の方

・乳がんの既往歴や家族歴、乳房に結節のある方

・血栓症の家族歴がある方

・前兆を伴わない偏頭痛のある方

・心臓弁膜症の方

・軽度の高血圧症の方

・耐糖機能が低下している方

・ポルフィリン症、てんかん、テタニーのある方

・心疾患やその既往歴がある方

・腎疾患やその既往歴がある方

・肝機能障害がある方

・薬剤を投与中の方(副腎皮質ホルモン、三環系抗うつ薬、リファンピシン、テトラサイクリン系抗生物質、テルビナフィン塩酸塩、血糖降下剤、ラモトリギン、HIVプロテアーゼ阻害剤など)

レベレッテを服用することで引き起こされるおそれのある副作用

頭痛、悪心、乳房痛、下痢、腹痛、むくみなどの症状が現れる恐れがあります。

また、極稀に重篤な副作用として血栓症が挙げられます。手足のしびれ、突然の息切れや胸痛などの症状が現れた場合には、速やかに医療機関の診察を受けて下さい。

レベレッテを服用している方の口コミ

20代

トリキュラーと同じ女性ホルモンが使用されているということで安かったので買ってみましたが、副作用らしい症状も出ませんし今後も使っていく予定です。

スマホで簡単に注文できて家まで届けてくれるのでめちゃくちゃ便利です!

30代

生理が重いしセックスする度に妊娠の心配をするのが嫌でピルをはじめました。

初低用量ピルで不安もありましたが、説明通り毎日ちゃんと飲んで休薬期間に生理のような出血がありました。ただ、出血量は少ないですし普段の生理よりも何倍も楽です。

ピルは血栓症のリスクがあるから通販で買うのは良くないと言われてますが、私は通販でも問題ないかと思います。

30代

最初は少し胸焼けがありましたが、今はなんともないです。

ピルは長期間使用するのでお金がかかりますが、毎回まとめ買いさせていただくのでコスパ抜群です。

30代

数年前にクリニックで処方してもらったピル(名前は失念しました)は副作用が強烈ですぐに辞めてしまいましたが、レベレッテは驚くくらい副作用がなく毎日快適です。生理前のイライラやニキビもなくなり、レベレッテに助けられたと言っても過言ではありません。

20代

私には日本のピルよりも海外のピルのほうが合っています。その中でもレベレッテは飲みやすいし肌荒れもむくみもないのでお気に入り!

同じ低用量ピルでも人それぞれ合う合わないがあるので、とにかく色んな種類を試してみるのがわたし的にはおすすめ!

レベレッテを購入する方法とは?

レベレッテは日本未承認の低用量ピルのため、個人輸入で海外から取り寄せる必要があります。

本来、個人輸入は様々な手続きや言葉の壁があるので素人には難しいですが、現在では代わりに発注・発送してくれる代行業者が存在しています。

そのため、どなたでも通販感覚でレベレッテなどの海外医薬品を注文していただけます。

 

レベレッテであれば1ヶ月分約2500円で購入できますし、まとめ買いや会員特典で割引サービスも受けられますので通院よりもお得になります。

24時間いつでも注文可、取扱商品数が豊富などのメリットもありますので、気になる方はぜひ個人輸入代行サービスをお試し下さい。

レベレッテの購入はこちら

Copied title and URL