体に優しい超低用量ピルのマーシロンで女性の悩みを解決

低用量ピルとは少量の卵胞ホルモンと黄体ホルモンを含有している医薬品で、主に避妊目的で使用されます。

2種類のホルモンを継続的に摂取することで排卵に必要なホルモンの分泌量が低下し、排卵が起こらなくなります。また、他にも子宮頸管粘膜の粘度上昇や子宮内膜の増殖抑制などの作用もあるため、妊娠が成立しにくくなります。

低用量ピルは副効能としてPMS(月経前症候群)、生理痛、生理不順、ニキビ、子宮内膜症などに対しても効果がありますので、健康や美容のために使用している女性も多いです。

マーシロンの効果や作用について

マーシロンは女性ホルモンを含有している超低用量ピルです。

錠剤に含まれる2種類の女性ホルモンが体内の女性ホルモンバランスを変化させ、排卵を抑制します。そうすることで避妊をはじめとする様々な効果効能が得られます。

なお、マーシロンは日本未承認の超低用量ピルですが、国内で流通しているマーベロンファボワールと同じ有効成分を含有しています。ただし、マーシロンはこれらの低用量ピルよりも有効成分含有量が少ないため、副作用が心配な方でも安心してお試しいただけます。

マーシロンは国内で処方されているマーベロンやファボワールの超低用量版です。

超低用量ピルは低用量ピルに比べて卵胞ホルモンの含有量が少なく、血栓症などの副作用が起こりにくいとされています。とはいえ、一般的な低用量ピルと変わらない効果効能を得ることができます。

また、マーシロンは男性ホルモンの作用が最も少ないため、ニキビや多毛症の改善にも有効とされています。

 

なお、マーシロンは1相性ピルに分類され、超低用量ピルです。

1相性ピルは錠剤すべてが同じ比率の女性ホルモンが配合されており、飲み方が単純です。

マーシロンには21錠と28錠の2種類ありますが、プラセボ錠の有無による違いなのでいずれも効果効能や価格は同じです。そのため、どちらを選んでいただいても構いません。

超低用量ピルは病院でも処方してもらえますが、毎回通院が必要となります。また、病院で扱われている超低用量ピルは種類が少ないですが、海外ではマーシロンをはじめとする多くの種類の超低用量ピルを扱っていますので、自分の体に合った商品をお選びいただけます。

マーシロンの服用について(用法用量)

月経が始まった日から1日1回、1錠を水やぬるま湯と一緒に服用します。

月経開始日以外から服用を開始する場合は、服用開始から1週間は他の避妊方法を併用して下さい。

服用するタイミングに指定はありませんが、飲み忘れを防ぐためにも毎日同じ時刻に服用して下さい。

マーシロンは21錠タイプと28錠タイプで服用方法が若干異なりますので、下記を参考にして下さい。

21錠タイプ

21日間連続して服用、その後は7日間の休薬期間を設けます。

28錠タイプ

21日間連続で服用し、その後はプラセボ錠を7日間服用します。

 

いずれのマーシロンも29日目からは新しいシートから服用を開始して下さい。

なお、21錠タイプは休薬期間中、28錠タイプはプラセボ錠服用中に消退出血があります。

ただし、2周期連続で消退出血がない場合、妊娠している可能性があるので医師の診察を受けてください。

飲み忘れた場合

飲み忘れた日数によって対処方法が異なります。

また、28錠タイプに含まれているプラセボ錠は有効成分が含まれていないので、飲み忘れても問題ありません。

飲み忘れてから24時間以内に気づいた場合には思い出したときにすぐ服用し、当日分は通常通り服用して下さい。1日に2錠服用することになりますが、避妊効果には変化はありません。

翌日からは再び1日1錠同じ時刻に服用して下さい。

 

2日連続して飲み忘れた場合には服用を中止して、次の周期から新しいシートで服用を開始して下さい。なお、新しいシートで服用を開始するまでは避妊効果が得られないため、他の避妊方法を行なって下さい。

マーシロンを服用する前に該当していないかチェック

・経口避妊薬にはHIV感染や他の性感染症を防ぐ効果はありません。

・本剤服用中にセイヨウオトギリソウを含む食品は摂取しないで下さい。

・本剤服用中に激しい下痢や嘔吐が続いた場合は薬の吸収が悪くなり、妊娠する可能性が高まるので他の避妊方法を行なって下さい。

・長期的に服用する際は6ヶ月毎に検査を受けて下さい。

マーシロンを服用できない方

・本剤の成分に対して過敏性素因がある方

・エストロゲン依存性悪性腫瘍、子宮頸がん(疑い含む)の方

・診断が確定していない異常性器出血のある方

・血栓静脈炎、肺塞栓症、脳血管障害、冠動脈疾患もしくは既往歴がある方

・35歳以上かつ1日15本以上のタバコを吸う方

・前兆を伴う偏頭痛のある方

・肺高血圧症や心房細動を合併、亜急性細菌性心内膜炎の既往歴がある心臓弁膜症の方

・血管病変を伴う糖尿病の方

・血栓性素因のある方

・抗リン脂質抗体症候群の方

・術前4週間以内、術後2週間以内、産後4週以内及び長期安静状態の方

・重篤な肝障害がある方

・肝腫瘍のある方

・脂質代謝異常のある方

・高血圧の方

・耳硬化症の方

・妊娠中に黄疸や持続性そう痒症、妊娠ヘルペスの既往歴がある方

・妊娠中や妊娠の可能性がある、授乳中の方

・骨成長が終了していない可能性がある方

・オムビタスビル水和物、パリタプレビル水和物、リトナビル配合剤服用中の方

マーシロンの服用に注意が必要な方

・40歳以上の方

・子宮筋腫のある方

・喫煙している方

・肥満体型の方

・乳がんの既往歴や家族歴、乳房に結節のある方

・血栓症の家族歴がある方

・前兆を伴わない偏頭痛のある方

・心臓弁膜症の方

・軽度の高血圧症の方

・耐糖機能が低下している方

・ポルフィリン症、てんかん、テタニーのある方

・心疾患やその既往歴がある方

・腎疾患やその既往歴がある方

・肝機能障害がある方

・薬剤を投与中の方(副腎皮質ホルモン、三環系抗うつ薬、リファンピシン、テトラサイクリン系抗生物質、テルビナフィン塩酸塩、血糖降下剤、ラモトリギン、モルヒネ、HIV感染症治療薬など)

マーシロンを服用することで引き起こされるおそれのある副作用

頭痛、悪心、乳房痛、下痢、腹痛、むくみなどの症状が現れる恐れがあります。

また、極稀に重篤な副作用として血栓症が挙げられます。手足のしびれ、突然の息切れや胸痛などの症状が現れた場合には、速やかに医療機関の診察を受けて下さい。

マーシロンを服用している方の口コミ

20代

2年近くマーシロン使用してます。

毎日しっかり飲んでいれば避妊効果はバッチリだし、生理痛は消えたし最高です。

20代

避妊というよりニキビのために飲んでいます。ピルの存在はもともと知っていたんですが、ニキビに効くとは知りませんでした。。。ただ、2シート目で本当にニキビができなくなって、今は寝不足とか外食が続いてしまってもニキビができない!

こんなに効くならもっと早くから知っておきたかったと心底思います(TдT)

30代

海外のピルは怖いという意見もありますが、わたしは気に入って利用させてもらっています。安い、まとめ買いできる、通院不要なので、かなり助かります。

ただ、半年に一回は検査に行きましょうね^^

20代

金額的には病院でもらうのとそこまで変わりませんが、病院に行くのが面倒ですしいつも通販で買ってます。

他のピルも試したことはありますが、一番副作用が少なく感じたのがマーシロンで、それからはずっとリピしてます。

最初ピルを使うときは飲み忘れそうだなぁと心配してましたが、洗面所の目の見えるところに置いているので案外飲み忘れません!ただ、二日酔いのときは吐かないようにするのがキツイ笑

30代

20代の頃に低用量ピルを何種類か飲みましたがどれも気持ち悪くなるし、むくみがひどいしで飲めませんでした。ただ、これは超低用量ピルだからなのか全然副作用がなく、最初からずっと快適に続けられています。

私のように副作用で悩む方におすすめです◎

マーシロンを購入する方法とは?

超低用量ピルは日本の病院でも取り扱いがあります。

ただし、マーシロンは日本未承認の医薬品になりますので、ご購入していただくには個人輸入しなければなりません。

個人輸入には様々な手続きが必要となりますが、現在では代行業者が存在していて国内通販と同じように欲しい商品を注文できるようになっています。

そのため、個人輸入に関する知識は必要ありませんし、初めての方でも安心してご利用いただけます。

病院の超低用量ピルは月経困難症や子宮内膜炎治療の場合には保険適応となりますが、それ以外の目的では保険が適応されませんので全額自己負担となります。

ですが、個人輸入代行であれば目的問わず安価に購入できますので、少しでもお得に試したい方におすすめです。

マーシロンの購入はこちら

Copied title and URL