マーベロンを活用すれば効果の高い避妊ができる

多くの女性が避妊を目的に服用しているのが低用量ピルです。

避妊にはさまざまな手段がありますが、低用量ピルを用いた方法は高い効果が期待できる方法です。

月経困難症の改善や生理痛の軽減にも効果が期待でき、生理に関する悩みを抱えている方々の間でも人気を集めています。

マーベロンの効果や作用について

マーベロンは第3世代に分類される1相性ピルです。

第1世代や第2世代の低用量ピルにあった問題点が改善されているのが特徴で、男性ホルモンが優位になってしまう心配が少なくなっています。

また、1錠中に配合されている有効成分の量が一定なので、服用する順番が決められておらず、飲み間違えてしまう可能性が低く作られています。

マーベロンは今まで一度も低用量ピルを服用したことがない方でも服用しやすくなっています。

配合されている女性ホルモンは、デソゲストレルとエチニルエストラジオールです。

女性ホルモンには黄体ホルモンと卵胞ホルモンがあり、デソゲストレルは黄体ホルモン、エチニルエストラジオールは卵胞ホルモンに分類されます。

もともと体内に存在しているホルモンで、外部から摂取することによって、黄体ホルモンと卵胞ホルモンの体内バランスを変化させることができます。

脳を妊娠している状態だと錯覚させ、排卵に必要なホルモンの分泌量を減少させて排卵を抑制します。同時に、子宮頚管粘液の粘度を高めて精子が子宮内に入り込みにくくし、避妊効果を発揮します。

また、マーベロンには子宮内膜の厚みを薄くする働きもあります。

子宮内膜に影響を与えることで受精卵が着床しにくいようにし、子宮内の環境を妊娠しにくい状態へ整えます。

万が一、精子が子宮内への侵入に成功しても着床する心配が少なく、高い避妊効果を期待できます。

痛みを引き起こす体内物質の産生量も低下するため、生理痛も同時に軽減されます。

2つの効果で避妊の成功率を高め、生理による不快な痛みも緩和できる優れた低用量ピルです。

マーベロンの服用について(用法用量)

21錠入りの場合

1日1回、1錠を毎日同じ時間に水やぬるま湯と一緒に服用します。

生理が始まった日から服用を開始し、21日間連続して服用したあと、7日間の休薬期間をおきます。

その後、新しいシートから同じサイクルで服用を再開してください。

28錠入りの場合

1日1回、1錠を生理開始日から毎日同じ時間に水やぬるま湯で服用します。

白色の錠剤を21日間連続して服用したあと、有効成分の入っていない偽薬を7日間服用してください。

これを1サイクルとし、29日目以降は新しいシートの1から再び服用します。

マーベロンを服用する前に該当していないかチェック

マーベロンを服用できない人

妊娠中の方や妊娠の可能性がある方、授乳中の方

安全性が確立していません。

母乳への影響がみられることがあるため、授乳中の方も服用を避けてください。

重い肝障害や腎障害の方、肝腫瘍のある方

効果や副作用が強まってしまうおそれがあります。

また、肝腫瘍の症状が増悪することがあるという報告もされています。

血栓性静脈炎や肺塞栓症、脳血管障害、冠動脈疾患またはその既往歴がある方

これらの症状を悪化させてしまうおそれがあります。

35歳以上で1日15本以上の喫煙をする方

心血管系の症状が発生しやすくなると報告されています。

軽度の高血圧を除く、高血圧の症状がある方

心血管系の症状があらわれやすくなったり、症状が悪化したりすることがあります。

マーベロンとの併用に注意するべき医薬品

オムビタスビルやパリタプレビル、リトナビル

肝機能値を悪化させるおそれがあります。

副腎皮質ホルモンや三環系抗うつ薬、セレギリン

これらの成分の代謝に悪影響を与えるおそれがあります。

テトラサイクリン系やペニシリン系の抗生物質

腸内細菌業を変化させ、腸肝循環による再吸収を阻害するおそれがあります。

血糖降下薬

耐糖能を低下させ、血糖降下薬の効果を弱める可能性があります。

HIVプロテアーゼ阻害薬や非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害薬

エチニルエストラジオールのAUCが減少するおそれがあります。

セイヨウオトギリソウ

医薬品に対する代謝酵素の働きを強め、マーベロンの効果を弱める可能性があります。

マーベロンの注意点

もし飲み忘れがあった場合は、1日以内であれば気付いた時点で忘れていた分を服用し、普段どおりの時間に当日分を服用してください。

2日以上飲み忘れていた場合は、一度服用を中止し、生理を迎えてから新しいシートで服用を再開してください。

2周期連続して消退出血がみられなかった際は、妊娠の可能性があるため、必ずかかりつけの医師や専門の医師にご相談ください。

マーベロンを服用することで引き起こされるおそれのある副作用

不正出血や吐き気、乳房の張り、頭痛などがみられることがあります。

このほかにも、悪心や腹痛、下痢、倦怠感、嘔吐などがみられる場合があると報告されています。

 

重篤な副作用では、主に血栓症が報告されています。

そのほかに副作用と思われる何らかの症状があらわれた場合は、速やかに服用を中止してかかりつけの医師の診察を受けてください。

マーベロンを服用している方の口コミ

30代

避妊に失敗したときのことを考え、自衛のために飲んでます。

1回に服用する量が少ないので、無理をしなくても毎日続けて飲める良いお薬です。

副作用の心配もありません。はじめての人でも飲みやすいと思います。

20代

マーベロンのヘビーユーザーです!

前は病院でもらってたんですけど、すっごく高いのが気になってたんですよね~。

通販でぱぱって買えちゃうし、効き目もバツグン!

20代

パッケージが日本語じゃないから不安。注意書きとかも読めない。

副作用も結構しんどかったし、全然安心して飲めない・・・正直、買って損したって感じです。

30代

病院の半額くらいで購入できて助かりました。

最初はきちんと効果があるか不安でしたが、避妊に成功しているようなのでちゃんと効き目が出ているようです。

毎日飲むだけで重かった生理もだいぶ楽になったので、これからも飲み続ける予定です。

20代

副作用きつすぎ。マジでないわ。外国の薬だし、そっち基準で作られてんじゃないの?

とにかくしんどすぎる。もーホントないわ、もう絶対買わない。

マーベロンを購入する方法とは?

基本的に、マーベロンは医療機関を受診することで処方してもらえます。

しかし、継続して服用すると、薬代による負担が大きくなってしまいやすく、注意が必要です。

少しでも安く手に入れたい場合は、個人輸入代行の通販を利用しましょう。

通販なら医療機関での半額以下の価格で購入できるので、お得にマーベロンを服用できます。

しかし、通販では手元に届くまで時間がかかってしまうので、注意しましょう。

マーベロンの購入はこちら

Copied title and URL