メリアンを正しく服用して避妊や生理に関する悩みを解決しよう

女性の心と体の健康を支えるのに効果的な医薬品といえば、ピルがあります。

ピルには用量によって3つの種類に分けることができ、そのうちもっとも多く使われているのが低用量ピルです。

メリアンの効果や作用について

日本国内で使われている低用量ピルには、さまざまな種類があります。

バイエル社から製造、販売されているメリアンもその中の1つで、避妊や月経困難症の緩和に役立ちます。

第3世代の低用量ピルで、従来品よりも卵胞ホルモンの配合量が少ないので副作用の心配がより少なくなっています。それまでに作られていた低用量ピルの欠点が補われているため、より安心して服用できます。

メリアンには、ゲストデンとエチニルエストラジオールが有効成分として配合されています。

ゲストデンは黄体ホルモン、エチニルエストラジオールは卵胞ホルモンの1種です。

これらのホルモンを外部から摂取することで、女性ホルモンのバランスを変化させ、妊娠している状態だと脳を錯覚させます。

これにより、排卵を抑制して子宮頸管粘液の性状を変化させ、精子が子宮内に侵入しにくいようにします。

また、子宮内膜を変化させて薄くし、受精卵が着床しにくいようにして避妊効果を発揮します。

メリアンは痛みを引き起こすプロスタグランジンという物質の産生を抑える効果にも期待できます。

痛みの原因になる物質が作り出されにくくすることで、生理痛や腰痛を緩和します。

経血量の減少や生理周期の安定化にも効果が期待できるため、避妊だけでなく、生理に関する症状の緩和を目的としてもお使いいただけます。

このような特徴があるメリアンは、ニキビの改善にも効果が期待できます。

生理前に肌荒れで悩まされる方もいらっしゃいますが、そのような方々の悩みも解消へと導くことができます。

避妊効果や生理による症状緩和のほか、美肌効果にも期待できるのがメリアンの大きな魅力です。

避妊や生理の症状を改善し、美肌へ導けるのがメリアンの大きな魅力です。

メリアンの服用について(用法用量)

1日1錠を水やぬるま湯と一緒に、毎日同じ時間に服用します。

継続して服用することで避妊効果が発揮されるため、飲み忘れがないよう注意しましょう。

21錠入りの場合

1日1錠、白い錠剤を毎日同じ時間に21日間連続して服用します。

21日間の連続服用が終わったあとは、7日間の休薬期間を挟み、新しいシートから服用を再開してください。

28錠入りの場合

1日1錠、白い錠剤を毎日同じ時間に21日間連続して服用します。

その後、ピンク色の偽薬を7日間服用し、これを1サイクルとします。

29日目以降は新しいシートを取り出し、1から同様の手順で服用を続けてください。

メリアンを服用する前に該当していないかチェック

メリアンを服用できない人

妊娠中の方や妊娠の可能性がある方、授乳中の方は服用することができません。

また、心血管障害があらわれるおそれがあるため、35歳以上で1日15本以上の喫煙をする方もメリアンの服用が禁止されています。

血栓性静脈炎や肺塞栓症、脳血管障害、冠動脈疾患またはその既往歴がある方、高血圧の方も症状を悪化させるおそれがあります。

重篤な肝障害や腎疾患の症状がある方もメリアンの代謝が遅れる可能性があるので、服用を避けましょう。

メリアンの併用禁忌薬と併用注意薬

メリアンは、オムビタスビルやパリタプレビル、リトナビルとの併用が禁止されています。

これらの医薬品と一緒に服用すると、肝機能値を悪化させてしまうおそれがあります。

すでにこれらの医薬品を服用している場合は、メリアンの服用を避けましょう。

 

また、副腎皮質ホルモンや三環系抗うつ薬、セレギリン塩酸塩を含んだ医薬品は、メリアンと併用すると代謝を抑えてしまうおそれがあります。

テトラサイクリン系やペニシリン系の抗生物質との併用も、腸肝循環による再吸収に影響を与えるおそれがあるので注意が必要です。

血糖降下剤やHIVプロテアーゼ阻害薬、非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害薬にも注意しましょう。

血糖降下剤との併用は、耐糖能を低下させて血糖降下薬の効果を弱めるおそれがあります。

HIVプロテアーゼ阻害薬や非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害薬と併用した場合は、エチニルエストラジオールのAUCを減少させる可能性があります。

メリアンを服用する際の注意点

飲み忘れがあった場合は、1日以内であれば気付いた時点で1回分を服用し、当日分も普段と同じ時間に服用してください。

2日以上連続して飲み忘れていた場合は、一度服用を中止して生理が来るのを待ち、新しいシートからもう一度服用をはじめてください。

服用中に2周期連続して消退出血がなかったときは、妊娠している可能性があります。

そのような場合は、必ずかかりつけや専門の医師へご相談ください。

メリアンを服用することで引き起こされるおそれのある副作用

頭痛や吐き気、めまい、乳房の張りなどがみられることがあります。

多くの場合は一過性のもので、服用を続けるうちに収まります。

 

重篤な副作用では、血栓症が報告されています。

そのほかに副作用と思われる症状があらわれた場合は、速やかに服用を中止してかかりつけの医師の診察を受けてください。

メリアンを服用している方の口コミ

20代

避妊のために飲み始めたけど、いつのまにかニキビも綺麗に治ってた!

なにこれ最高!ほかのピルだとニキビまでなかなか綺麗に治らなかったのに!

もうめっちゃ感動です!しかも安いし!これは文句なしのリピ決定!

30代

生理痛のせいで体調管理できない人というレッテルを会社の中で貼られたのが本当につらく、対策として飲み始めました。

低用量ピルを飲むのはこれがはじめてですが、思っていたよりも飲みやすく、助かっています。

30代

きちんと避妊できているのか、効果が出ているのか、そういった重要な部分がわかりにくくて困ってます。

ちゃんと効いてるか不安になりながら飲まないといけないのは、精神的にも結構きついです・・・。

20代

格安ピルです!個人的には病院でもらえるピルより、こっちのほうが好き。

ちゃんと避妊効果も出てるみたいで、彼氏が避妊失敗したときもパニックにならずに済んでます~!

30代

副作用が正直かなりつらいです・・・なんでみんな普通に飲めてるの?

頭痛くなるし、吐き気もすごいし、とにかくヤバイ・・・これ飲んだときだけこうなります・・・。

メリアンを購入する方法とは?

病院やクリニックで処方してもらえますが、通販で購入することも可能です。

通販を利用してメリアンを購入した場合、医療機関で処方してもらったときよりもはるかに安い価格で手に入れられます。

さらに、自宅から簡単に購入手続きができるので、ピルを処方してもらうのに抵抗感を覚える方にも安心してご利用いただけます。

安くメリアンを手に入れたい方には通販がオススメです。

メリアンの購入はこちら

Copied title and URL