緊急避妊薬のナイピルで自分の身を守ろう

緊急避妊薬はモーニングピルやアフターピルと呼ばれる経口避妊薬です。

日本では2011年に認可され、避妊に失敗した場合や性暴力が起きた場合に用いられます。性行為後に服用することで妊娠を阻止します。

避妊成功率は性行為から72時間以内の服用でほぼ100%ですが、時間が経過するとともに避妊成功率は低下します。そのため、確実な避妊効果を求めるにはなるべく早く服用する必要があります。

ナイピルの効果や作用について

ナイピルは緊急時に使用される経口避妊薬です。

性行為後に服用することで錠剤に含まれる女性ホルモンが排卵を抑制し、妊娠を阻止します。

ナイピルは日本未承認の医薬品ですが、ノルレボ錠と同一有効成分を含有するジェネリック医薬品となります。そのため、安心してお試しいただけます。

なお、低用量ピルも同様に女性ホルモンが含有されている避妊薬ですが、緊急避妊薬は低用量ピルのように毎日服用せず、性行為後72時間以内に1錠服用するだけで避妊効果を発揮します。ただし、含有されている女性ホルモン量が多く体に負担をかけるため、常用することはできません。

とはいえ、ナイピルを事前に用意しておくことで低用量ピルの飲み忘れやコンドームの装着ミスや破損などによる妊娠を防ぐことができます。

有効成分にはノルレボ錠と同じ第2世代のレボノルゲストレルが1.5mg配合されております。

先発医薬品のノルレボ錠は日本初の緊急避妊薬で、日本での認知度は低いですがWHO(世界保健機関)の必須薬に指定されています。

有効成分のレボノルゲストレルを摂取することで、一時的に体内のレボノルゲストレル濃度が高まります。そうすることで排卵抑制、子宮頸管粘液の粘度上昇、受精卵の着床抑制といった作用で妊娠を回避します。

ノルレボ錠は臨床実験で高い避妊効果があると証明されています。避妊成功率は12時間以内の服用で99.5%、24時間以内の服用で98.2%、72時間以内の服用で84%となります。また、72時間を経過した場合でも120時間以内に服用することで63%の避妊成功率があるとされています。

上記のように正しく服用することで高い避妊効果が得られますが、100%避妊に成功するわけではありませんので、緊急時の避妊方法として活用して下さい。

ナイピルの服用について(用法用量)

性行為から72時間以内に1錠を水やぬるま湯と一緒に服用して下さい。

性行為から服用までの時間は短いほど妊娠阻止率が高くなるため、可能な限り早く服用することを推奨いたします。

なお、服用してから2時間以内に嘔吐してしまった場合は避妊効果が得られなくなるため、再び服用する必要があります。

服用から2時間以上経過していれば成分は体に吸収されているので再度服用する必要はありません。

 

避妊に成功したかどうかは消退出血(生理のような出血)の有無で確認できます。

個人差や服用するタイミングの違いはありますが、服用後3〜14日に出血が起これば避妊に成功したと言えるでしょう。

出血がある場合でも不正子宮出血や妊娠初期流産の可能性があるので、服用3週間後に妊娠検査薬や医療機関の診察で成功を確かめることをおすすめします。

ナイピルを服用する前に該当していないかチェック

・緊急避妊薬は性行為後、緊急的に妊娠を回避するものです。計画的に避妊する際は、可能な限り低用量ピルなど避妊効果が高い方法を選択して下さい。

・使用する前には妊娠していないことを十分確認して下さい。

・重度の消化管障害や消化管の吸収不良症候群がある場合は、有効性が得られない恐れがあります。

ナイピルを使用できない方

本剤の成分に対して過敏症の既往歴がある

服用すると過敏症の症状が現れる恐れがあります。

重篤な肝障害がある方

代謝機能低下によって肝臓への負担が増加する恐れがあります。

妊娠中(可能性含む)の方

妊娠初期や中期に服用した場合、胎児の性器異常が現れる可能性があります。

注意して使用しなければいけない方

授乳中の方

本剤成分は乳汁へ移行するため、本剤投与後24時間は授乳を避けて下さい。

肝障害がある方

重度を除く肝障害がある方は、代謝機能が低下している恐れがあるため慎重に投与する必要があります。

心疾患や肝疾患、またこれらの既往歴がある方

ナトリウムもしくは体液の貯蔵によって症状が悪化する恐れがあります。

薬剤投与中の方

併用することで薬の作用や健康に影響を与える恐れがあるため、次の薬剤を服用している方は使用を避けて下さい。

抗けいれん剤、HIVプロテアーゼ阻害剤、非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤、リファブチン、リファンピシン、セイヨウオトギリソウ(セントジョーンズワート)含有食品

ナイピルを服用することで引き起こされるおそれのある副作用

頭痛、悪心、倦怠感、消退出血、浮腫性めまい、下腹部痛、下痢、貧血などの症状が起こる恐れがあります。

ほかにも何か異変を感じた際には、服用を中止して医療機関の診察を受けて下さい。

ナイピルを服用している方の口コミ

20代

色々通販でアフターピルを見ましたが、ナイピルが圧倒的に安くてコレにしました!安いけど成分はノルレボと同じだし、しかも1箱4錠も入ってるのでかなりお得!

1回だけ使いましたが、全然副作用はなかったです〜

30代

2ヶ月前に1箱購入、いまだ未使用ですが手元においていると安心です。そうでなければ避妊に失敗してから3日以内の病院へいかないと駄目ですしお金もかかりますからね…。万が一使うことがなくて使用期限が切れたとしてもわたしは損したと思いません。

30代

昔、できてはなかったんですが、生理が来るまでものすごく焦った経験があるので念の為にと購入しています。

安全日でも彼に少し出ちゃったかもと言われたらすぐ飲みます。副作用は少し胃もたれする程度ですし、すぐ飲めば確実に避妊できるのでわたしにとっては欠かせないお薬です。

もちろん、そんな頻繁に飲んでいるわけではないのでご心配なく。

20代

4錠入りなのでもし気持ち悪くて吐いちゃった場合でも安心なのが良い◎

ただ、注文してから届くまで時間かかるんで、早めに買っておかなきゃ駄目です!

30代

1錠もらうのに1万円近くかかるのが、このピルにしたら1錠1000円以下で買えます(笑)30代になってアフピルもらうのにクリニックに行くのは抵抗ありありなので、こうやって非対面で買えるのはめちゃくちゃありがたいです。

ナイピルを購入する方法とは?

ナイピルの先発薬であるノルレボ錠は病院で処方してもらえます。

しかし、ジェネリック医薬品のナイピルは国内未承認となりますので、個人輸入で購入しなければなりません。

ノルレボ錠もナイピルも同じ有効成分が含有されているので効果効能に違いはありませんが、ノルレボ錠は自由診療なので高額な費用がかかる、72時間以内に服用できるよう急いで病院を探して通院しなければなりません。

しかし、ナイピルの場合には通販なので届くまで時間がかかるものの、事前に購入しておくことで通院は不要ですぐに服用できます。また、ジェネリック医薬品なので非常にリーズナブルに入手することができます。

多くの女性は「自分には必要ない」と感じていると思いますが、避妊の失敗や性暴力は誰もが想定していません。

そのため、自分の身を守るためにも個人輸入で事前の購入をおすすめします

ナイピルの購入はこちら

Copied title and URL