オブラルGならお得に生理の悩みを改善できる

多くの女性を悩ませている、生理特有の症状の1つに月経困難症があります。

月経困難症は、日本で800万人を超える女性が悩んでいるとされる生理特有の症状です。

生理時に下腹部痛や腰痛などの症状があらわれ、場合によっては日常生活に支障をきたしてしまいます。

オブラルGの効果や作用について

月経困難症の対策に効果的な医薬品の1つがオブラルGです。

オブラルGは、大手製薬会社のファイザー社が製造している中用量ピルです。

産婦人科から処方されているプラノバールのジェネリック医薬品で、安価な価格で効果を得られます。

主に月経困難症や機能性子宮出血に有効で、ほかにも月経周期異常や過多月経、子宮内膜症などの対策としてもお使いいただけます。

オブラルGに配合されている女性ホルモンは、ノルゲストレルとエチニルエストラジオールです。

2つの女性ホルモンを補うことによって、乱れていた女性ホルモンのバランスを整える効果を発揮します。

これにより、排卵を抑えて子宮内膜が厚みをもつのを防ぎ、痛みを引き起こすプロスタグランジンが過剰に作られるのを防ぎます。

その結果、子宮内膜が剥がれ落ちた際に子宮が過度に収縮しないようにし、月経困難症による痛みを緩和します。

 

また、ノルゲストレルとエチニルエストラジオールを摂取することによって、体が妊娠した状態に近くなります。

服用している間は排卵そのものが抑えられるので、定期的に服用を続けることで避妊効果も期待できるといわれています。

避妊には低用量ピルを服用するのが推奨されていますが、場合によってはこういった使い方をすることも可能です。

幅広い女性特有の症状に効果を発揮するのがオブラルGの魅力です。

病院やクリニックなどの医療機関で、プラノバールを処方してもらったときよりも安い値段で手に入れることができます。

できるだけ薬代を抑えながら女性特有の悩みを改善できるため、少しでも安く月経困難症を改善へと導きたい方々の間で注目を集めています。

オブラルGの服用について(用法用量)

症状によって、服用方法が変化します。

機能性子宮出血の場合

1日1回、1錠を毎日同じ時間に7~10日間連続して水やぬるま湯と一緒に服用します。

月経困難症や月経周期異常、過多月経、子宮内膜症などの症状の場合

1日1回、1錠を毎日同じ時間に約3週間連続して水やぬるま湯と一緒に服用します。

生理開始から5日目に服用を始め、3週間の連続服用のあとは1週間休薬期間をおいてください。

これを1周期とし、必要であればもう一度同じ流れで繰り返してください。

オブラルGを服用する前に該当していないかチェック

オブラルGを服用できない人

安全性が確立していないため、妊娠中や授乳中の方は服用しないでください。

血栓性静脈炎や肺塞栓症の方やその疑いがある方は、症状を悪化させたり再発したりすることがあるので服用しないでください。

脂質代謝異常やデュビン・ジョンソン症候群などの方が服用すると、症状が悪化する危険性があります。

鎌状赤血球貧血のある方は、血栓症または肝障害を起こすおそれがあるため、服用しないでください。

また、重篤な肝障害や腎疾患の症状がある方も、オブラルGの効果や副作用が強まるおそれがあるので服用を控えてください。

オブラルGと併用できない医薬品

肝機能値を悪化させるおそれがあるため、オムビタスビルやパリタプレビル、リトナビルとの併用は禁止されています。

すでにこれらの医薬品を服用している場合は、オブラルGの服用を避けてください。

オブラルGとの併用に注意するべき医薬品

代謝を抑える可能性があるため、副腎皮質ホルモンや三環系抗うつ薬、セレギリンとの併用には注意してください。

また、テトラサイクリン系やペニシリン系抗生物質と併用すると、腸肝循環による再吸収を抑えてしまう可能性があります。

血糖降下薬と併用した場合は、血糖降下薬の効果を弱めるおそれがありますのでご注意ください。

 

エチニルエストラジオールのAUCが減少する可能性も考えられるので、HIVプロテアーゼ阻害薬や非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害薬との併用にも注意が必要です。

薬物代謝酵素を誘導して代謝を促すおそれがあるため、セイヨウオトギリソウの摂取にもご注意ください。

オブラルGの注意点

飲み忘れがあった場合は、気付いた時点ですぐに服用してください。

次の服用時間が近いときは忘れた分を服用せず、2回分を一度に服用しないようご注意ください。

また、服用中に妊娠の可能性が出てきた際は速やかに服用を中止して、かかりつけの医師へご相談ください。

オブラルGを服用することで引き起こされるおそれのある副作用

主に吐き気や嘔吐、乳房の張りや痛み、予定外の出血が副作用として報告されています。

むくみや体重増加、ニキビ、頭痛、だるさなどの症状があらわれる場合もあります。

 

重篤な副作用として報告されている症状は、血栓症です。

そのほかに何らかの症状があらわれた場合は、速やかに服用を中止してかかりつけの医師の診察を受けてください。

オブラルGを服用している方の口コミ

20代

めちゃめちゃ安くて神!病院のピルって納得できないくらい高いから嬉しい!

もうこれ知ったあとは病院とかのピルに戻れないっしょ(笑)

プラノバールと同じ感じの効き目なんで、プラノバール派の人も安心して飲めますよ!

40代

低用量ピルよりも副作用がつらいので、長続きしませんでした。

幸いお値段がそれほど高くなかったので大打撃にはなりませんでしたが、少し残念な気持ちです。

30代

かれこれ年単位でピルを飲んでいます。

低用量ピルと比較すると効き目は強く感じますが、そのおかげで確実に効いてくれている気がします。

生理痛があまりにもつらくて、動けなくなる日もありましたが、そういった日もだいぶなくなりました。

20代

肌荒れはなくなるし、重かった生理痛も楽になった。

でも、副作用がもうキツくてキツくて……すごい気持ち悪くなるし……。

無理して飲んでますけど、もうちょっと飲みやす~くしてくれたらよかったのに~。

30代

通販で長い間、リピート買いをしてるピルです。

低用量ピルとどう違うんだろうって感じでしたが、飲み慣れたらこっちのほうがいいかも?

オブラルGを購入する方法とは?

日本国内では取り扱われていないため、通販で購入するのが一般的な入手法です。

通販にはAmazonや楽天のようなものだけでなく、海外から商品を購入できる個人輸入代行という種類のものがあります。

個人輸入代行の通販なら、自宅から簡単にオブラルGを購入することができます。

リーズナブルな価格で購入できるほか、医療機関に移動する時間を省いてオブラルGを手に入れられます。

海外から商品を送ってもらう都合上、手元に届くまではどうしても時間がかかってしまうので注意しましょう。

オブラルGの購入はこちら

Copied title and URL