もしものときに役立つアンウォンテッド72は女性の必須アイテム

緊急避妊薬はアフターピルやモーニングピルと呼ばれる経口避妊薬です。

日本では2011年に認可された医薬品で、避妊に失敗した場合でも性行為後に服用することで妊娠の成立を防ぎます。

性行為から72時間以内に服用することで妊娠阻止率は100%に近くなり、時間が経過するとともに妊娠阻止率は低下していきます。そのため、避妊を成功させるためには早期の服用が求められます。

アンウォンテッド72の効果や作用について

アンウォンテッド72は緊急避妊に用いられる医薬品です。

女性ホルモンが配合されており、性行為後に服用することで排卵を抑制して妊娠を防ぎます。日本未承認の医薬品ですが、ノルレボ錠のジェネリック医薬品のため安心してお使いいただけます。

一般的な低用量ピルは毎日服用することで避妊効果を発揮しますが、アンウォンテッド72などの緊急避妊薬は性行為後に服用することで避妊効果を発揮します。ただし、緊急避妊薬は女性ホルモンの配合が多く、体にかける負担が大きいため常用はできません。

とはいえ、低用量ピルの飲み忘れ、コンドームの装着ミスや破損などによって妊娠リスクが生じた場合、アンウォンテッド72を所持していればすぐさま対応できます。

アンウォンテッド72は避妊の失敗や性暴力などによる望まぬ妊娠を避ける医薬品です。

有効成分はノルレボ錠と同じ第2世代の黄体ホルモンであるレボノルゲストレル(LNG)が使用されています。

ノルレボ錠は日本で初めて承認された緊急避妊薬で、WHOの必須薬としても指定されています。

一時的に体内のレボノルゲストレル濃度を高めることで排卵を抑制、子宮頸管粘液の粘度上昇、受精卵の着床抑制といった3つの作用で妊娠を回避します。

アンウォンテッド72と同一有効成分を含有するノルレボ錠は、臨床試験にて高い避妊効果があることが判明しています。

妊娠阻止率は性行為後12時間以内の服用で99.5%、24時間以内の服用で98.2%、72時間以内の服用で84%となります。また、72時間を経過した場合でも120時間以内に服用することで63%の妊娠阻止率があるとされています。

正しく服用することで高い避妊効果が期待できますが、100%避妊の成功を保証するものではありませんので、緊急時の避妊方法として活用して下さい。

アンウォンテッド72の服用について(用法用量)

性行為から72時間以内に1錠を水やぬるま湯と一緒に服用して下さい。

性行為から服用までの時間は短いほど妊娠阻止率が高くなるため、可能な限り早く服用することを推奨いたします。

なお、服用してから2時間以内に嘔吐してしまった場合は避妊効果が得られなくなるため、再度服用して下さい。

服用から2時間以上経過していれば成分は体に吸収されているので再度服用する必要はありません。

避妊の成功は、消退出血(生理に似た出血)の有無によって確認できます。

服用するタイミングによっても異なりますが、服用後3〜14日程度で出血が起これば避妊に成功したと言えるでしょう。ただし、出血がある場合でも不正子宮出血や妊娠初期流産の可能性もあるので、服用3週間後に妊娠検査薬もしくは医療機関の診察を受けて確かめることをおすすめします。

アンウォンテッド72を服用する前に該当していないかチェック

・緊急避妊薬は性行為後に妊娠を回避する目的であり、計画的に避妊する際は可能な限り低用量ピルなど避妊効果が高い方法を行なって下さい。

・使用するにあたって妊娠していないことを十分確認して下さい。

・重度の消化管障害や消化管の吸収不良症候群がある場合は、十分な有効性が得られない恐れがあります。

アンウォンテッド72を使用できない方

本剤の成分に対して過敏症の既往歴がある

本剤の投与によって過敏症の症状が現れる恐れがあります。

重篤な肝障害がある方

代謝機能低下によって肝臓への負担が増加する恐れがあります。

注意して使用しなければいけない方

授乳中の方

本剤成分は乳汁へ移行するため、本剤投与後24時間は授乳を避けて下さい。

肝障害がある方

軽度〜中度の肝障害がある方は、代謝機能が低下している恐れがあるため慎重に投与する必要があります。

心疾患や肝疾患、またこれらの既往歴がある方

ナトリウムもしくは体液の貯蔵によって症状が悪化する恐れがあります。

薬剤投与中の方

併用することで薬の作用や健康に影響を与える恐れがあるため、次の薬剤を服用している方は使用を避けて下さい。

抗けいれん剤、HIVプロテアーゼ阻害剤、非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤、リファブチン、リファンピシン、セイヨウオトギリソウ(セントジョーンズワート)含有食品

アンウォンテッド72を服用することで引き起こされるおそれのある副作用

頭痛、悪心、倦怠感、消退出血、浮腫性めまい、下腹部痛、下痢、貧血などの症状が起こる恐れがあります。

何か異変を感じた際には、服用を中止して医療機関の診察を受けて下さい。

アンウォンテッド72を服用している方の口コミ

20代

周りの子で何人か堕ろした話を聞いたので一応買っておきました。今は彼氏も居ないし使う事はありませんが、持っているだけで安心できて買って正解だと思いました。

30代

数年前に病院でアフピルをもらい、1万円以上払ったのが忘れられません。。。

避妊はしっかりしてるつもりですが、時々ヒヤッとすることもありますし、かと言って病院には行きたくないのでネットで買いました。

3箱注文し、1回分のみ使用しましたが、以前病院で処方してもらったノルレボと変わりませんでしたし、かなり安くて慌てることなくすぐ飲めるので色々良かったです。

20代

ほんっとにアンウォンテッド買っててよかった!!!

転職したばかりなので流石に妊娠は無理!ww

友達にも超いいよって勧めてます(*´ω`*)

20代

2回飲むモーニングピルはめんどうだけど、これなら1回飲むだけでいいので楽ちん◎飲んでから少しの間は二日酔いっぽい気持ち悪さはあったけど全然吐くまでじゃないし、これからもお守り代わりとして持っておきたい!

30代

出番は殆どない薬かとは思いますが、買っておいて損はないので女性の皆さんは購入しておくべきと考えます。

副作用がひどいという話はネットでも見たことありますが、私自身全く副作用はなく使用1週間ほどで消退出血がありました。自分の身を守るためにも購入をおすすめします。

アンウォンテッド72を購入する方法とは?

先発薬のノルレボ錠は国内の病院で取り扱われていますが、アンウォンテッド72は日本未承認の医薬品となるため、個人輸入での購入となります。

ノルレボ錠であれば当日に処方してもらえるというメリットがあるものの、取り扱っていない病院がある、診療時間外であれば処方不可、予備の処方は不可、自由診療となるため高額な費用がかかるなどのデメリットがあります。

一方でアンウォンテッド72であれば注文してから受け取りまで2週間程かかりますが、24時間365日スマホから注文可、通院不要、予備の購入可能、安価などのメリットがあります。

緊急避妊薬は文字通り緊急的に必要となる医薬品のため、個人輸入での購入をおすすめします。個人輸入代行サイトを利用すれば、誰でも簡単にご購入いただけますのでおすすめです。

アンウォンテッド72の購入はこちら

Copied title and URL