超低用量ピルで安心のヤミニLSで毎日を快適に

超低用量ピルとは少量の女性ホルモンが含有されている医薬品です。

超低用量ピルに含まれる卵胞ホルモンと黄体ホルモンは、継続的に摂取することで排卵に必要なホルモンの分泌を抑えます。すると、体内では排卵の抑制、子宮頸管粘膜の粘度上昇、子宮内膜上昇抑制といった変化が現れて妊娠が成立しにくくなります。正しく使用すればほぼ100%避妊に成功するため、妊娠を望まない女性に最適です。

さらに、超低用量ピルは避妊の他にもPMSの改善、生理痛の緩和、生理不順解消、子宮内膜の改善などの効果もあり、健康や美容のために使用している方も多いです。

ヤミニLSの効果や作用について

ヤミニLSは2種類の女性ホルモンが配合された超低用量ピルです。

国内未承認の医薬品ですが、国内で処方されているヤーズのジェネリック医薬品となります。そのため、使用したことがない女性でも安心してお試しいただけます。

ヤミニLSは通常の低用量ピルに含まれている卵胞ホルモンの含有量が2/3に抑えられており、日本国内で処方されている低用量ピルの中で最も少ないです。

成分容量が少なくても低用量ピルと同等の効果効能を得ることができるため、副作用の心配をせずにあらゆる悩みを改善できます。

また、黄体ホルモンのドロスピレノンは男性ホルモン様作用がほぼなく、穏やかな利尿作用があるため、特にむくみやニキビに悩む方に適しています。

一般的な低用量ピルは21錠もしくは28錠入りですが、ヤミニLSは1シート24錠入りとなります。作用機序や効果効能は他の低用量ピルと変わりませんが、休薬期間はわずか4日間と短く、服用方法が若干異なるので使用する際はご注意下さい。

ヤミニLSを製造開発しているのはインドに本社があるルピン(Lupin)です。

ルピンは日本をはじめとする世界各国に子会社のある大手製薬会社で、これまで数多くのジェネリック医薬品を提供しています。また、ルピン製品はFDAの認可を受けた施設で製造されているため、品質と安全性に優れた製品を安心してお試しいただけます。

ヤミニLSの服用について(用法用量)

初めて服用する場合

月経が始まった日から24日目まで1日1回、1錠を水やぬるま湯と一緒に服用します。

25~28日目(4日間)は休薬期間とし、29日目からは新しいシートの1日目から服用して新しい周期での服用を開始してください。

21錠の低用量ピルから切り替える場合

低用量ピルの21錠目を服用してから7日間(22~28日目まで)の休薬期間を設けて、29日目からヤミニLSの服用を開始します。

24日間1日1回、1錠を水やぬるま湯などで服用してください。25~28日目(4日間)は休薬期間とし、29日目からは新しいシートの1日目から服用して新しい周期での服用を開始してください。

28錠の低用量ピルから切り替える場合

28錠目の翌日から新たにヤミニLSの服用を開始してください。24日間1日1回、1錠を水やぬるま湯などで服用してください。25~28日目(4日間)は休薬期間とし、29日目からは新しいシートの1日目から服用して新しい周期での服用を開始してください。

 

休薬期間中に消退出血がありますが、出血が終わっていなくても29日目から次の周期の服用を開始して下さい。

ただし、2周期連続で消退出血がない場合、妊娠している可能性があるので医師の診察を受けてください。

飲み忘れてしまった場合の対処

飲み忘れた日数によって対処方法が異なります。

飲み忘れてから24時間以内に気づいた場合には思い出したときにすぐ服用し、当日分は通常通り服用して下さい。1日に2錠服用することになりますが、避妊効果には変化はありません。

翌日からは再び1日1錠同じ時刻に服用して下さい。

 

2日連続して飲み忘れた場合には服用を中止して、次の周期から新しいシートで服用を開始して下さい。なお、新しいシートで服用を開始するまでは避妊効果が得られないため、他の避妊方法を行なって下さい。

ヤミニLSを服用する前に該当していないかチェック

・経口避妊薬にはHIV感染や他の性感染症を防ぐ効果はありません。

・本剤服用中にセイヨウオトギリソウを含む食品は摂取しないで下さい。

・本剤服用中に激しい下痢や嘔吐が続いた場合は薬の吸収が悪くなり、妊娠する可能性が高まるので他の避妊方法を行なって下さい。

・長期的に服用する際は6ヶ月毎に検査を受けて下さい。

ヤミニLSを服用できない方

・本剤の成分に対して過敏性素因がある方

・エストロゲン依存性悪性腫瘍、子宮頸がん(疑い含む)の方

・診断が確定していない異常性器出血のある方

・血栓静脈炎、肺塞栓症、脳血管障害、冠動脈疾患もしくは既往歴がある方

・35歳以上かつ1日15本以上のタバコを吸う方

・前兆を伴う片頭痛のある方

・肺高血圧症や心房細動を合併、亜急性細菌性心内膜炎の既往歴がある心臓弁膜症の方

・血管病変を伴う糖尿病の方

・血栓性素因のある方

・抗リン脂質抗体症候群の方

・術前4週間以内、術後2週間以内、産後4週以内及び長期安静状態の方

・重篤な肝障害がある方

・肝腫瘍のある方

・脂質代謝異常のある方

・高血圧の方

・耳硬化症の方

・妊娠中に黄疸や持続性そう痒症、妊娠ヘルペスの既往歴がある方

・妊娠中や妊娠の可能性がある、授乳中の方

・骨成長が終了していない可能性がある方

ヤミニLSの服用に注意が必要な方

・40歳以上の方

・子宮筋腫のある方

・喫煙している方

・肥満体型の方

・乳がんの既往歴や家族歴、乳房に結節のある方

・血栓症の家族歴がある方

・前兆を伴わない偏頭痛のある方

・心臓弁膜症の方

・軽度の高血圧症の方

・耐糖機能が低下している方

・ポルフィリン症、てんかん、テタニーのある方

・重篤な腎障害や急性腎障害がある方

・腎障害がある方

・肝機能障害がある方

・薬剤を投与中の方(副腎皮質ホルモン、三環系抗うつ薬、リファンピシン、テトラサイクリン系抗生物質、テルビナフィン塩酸塩、血糖降下剤、ラモトリギン、モルヒネ、HIVプロテアーゼ阻害剤など他にも多数あります)

ヤミニLSを服用することで引き起こされるおそれのある副作用

不正子宮出血、月経痛、下腹部痛、頭痛、悪心、乳房痛、下痢、鼻咽頭炎などの症状が現れる恐れがあります。

また、極稀に重篤な副作用として血栓症が挙げられます。手足のしびれ、突然の息切れや胸痛などの症状が現れた場合には、速やかに医療機関の診察を受けて下さい。

ヤミニLSを服用している方の口コミ

30代

ピルを飲み始めたのは20歳で、最初は避妊のために使用していました。しかし、ピルを飲むうちに体調も肌も良くなったのでずっと使用しています。何種類か試しましたが、最終的にヤミニLSで落ち着きました。今はもう病院へ行かず、安く買える個人輸入で買い続けています。

20代

生理痛が重いし生理前になるとイライラするし顎ニキビも大量発生するし・・・。

これまでかなり生理のストレスを感じてましたが、今は生理って言っても3日位で血は殆ど出ないしかなり楽です。

あの重たかった生理のことを考えると本当にピルを飲んでよかったと思います。

20代

ヤミニLSは安いし家まで届けてくれるのですっごく助かってます!!

田舎に住んでるし、仕事でバタバタしてると病院に行けないときもあるので重宝してます!!

20代

マーベロンで4kg太ってしまいましたが、ヤミニLSを使い始めてもとに戻った。

副作用もまったくなく、自分にはこれが合っていると確信しました。

30代

病院で処方してもらっていたヤーズからヤミニLSに変えて半年になります。今の所これといった違いはなく、問題ありません。

注文から受け取りまで時間がかかるのがネックですが、概ね満足しています。

ヤミニLSを購入する方法とは?

先発薬のヤーズは病院で処方してもらうことができますが、処方の際には毎回通院が必要です。

子宮内膜や月経困難症などの治療目的であれば健康保険が適用されますが、他の目的であれば保険が適用されませんので10割負担での処方となってしまいます。

ですが、ヤーズのジェネリック医薬品であるヤミニLSであれば目的を問わず安価に購入可能ですし、通院不要で手に入れることができます。

ヤミニLSは日本未承認の医薬品で、海外でしか取り扱いがありません。

しかし、個人輸入代行というサービスを利用すれば誰でも簡単に海外から取り寄せることができます。

一般的な通販サイトと同様に注文すれば自宅に届きますので、個人輸入に関する知識は不要です。

個人輸入代行サイトではヤミニLSの他にも多数の低用量ピル・超低用量ピルが扱われていますので、これまで体質に合うピルが見つからずに困っていた女性はぜひお試し下さい。

ヤミニLSの購入はこちら

Copied title and URL