安全性の高い避妊にはヤスミンの服用が効果的

女性主体でできる避妊法として、もっとも有名なのが低用量ピルの服用です。

低用量ピルは、病院やクリニックなどの医療機関で処方してもらえるホルモン薬です。

数あるピルのうち、配合されている女性ホルモンの量がもっとも少ないので安全性が高く、体にあまり負担をかけずに避妊効果を得ることができます。

ヤスミンの効果や作用について

数ある低用量ピルの中で、知名度が高いものの1つがヤスミンです。

ヤスミンは、バイエル社が販売する低用量ピルの1つで、さまざまな医療機関で実際に処方されている信頼性の高い製品です。

第4世代の1相性ピルで、これまでのピルでみられた体重増加の副作用をなくすことに重点をおいて作られています。

より副作用の影響を気にせずに服用できるため、はじめて低用量ピルを服用する方も不安や心配を感じずに服用できます。

ヤスミンには、ドロスピレノンとエチニルエストラジオールが有効成分として含まれています。

体内でそれぞれ黄体ホルモンと卵胞ホルモンとしての働きをし、ホルモンバランスを妊娠しているときの状態に近づけます。

脳に妊娠していると錯覚させ、排卵を促すホルモンの分泌量を減少させて排卵を抑えます。

さらに、子宮内膜を薄くして子宮頚管粘液の性状を変化させ、受精する確率を低下させます。

排卵抑制と受精阻害、そして子宮内への精子の侵入阻害という3重の効果で、妊娠する可能性を低くします。

ヤスミンの避妊効果は非常に高く、1年間服用を続けた場合の妊娠率は0.1%とされています。

コンドームを使用した場合よりも、避妊に成功する確率が高いため、より確実な効果を期待できます。

より確実性の高い避妊法を行いたい方々の間で、高い人気と注目を集めている製品です。

 

また、ヤスミンは従来の低用量ピルと比較して、むくみがあらわれにくいという特徴もあります。

そのため、むくみの影響に悩まされずに服用することができます。

また、生理痛を軽減する効果にも期待できるため、重い生理痛にお悩みの方々の間でも注目を集めています。

ヤスミンの服用について(用法用量)

1日1回、1錠を毎日同じ時刻に水やぬるま湯と一緒に服用します。

21日間連続して服用し、その後は7日間の休薬期間を設けてください。

29日目からは新しいシートを使用し、同様の方法で服用を継続します。

ヤスミンを服用する前に該当していないかチェック

ヤスミンを服用できない人

安全性が確立していないので、妊娠中や妊娠の可能性がある方、授乳中の方は服用できません。

症状に悪影響を与える可能性が考えられるので、乳がんや子宮内がん、子宮頸がんおよびその疑いがある方の服用も禁止されています。

 

また、血栓性静脈炎や肺塞栓症などの症状がその疑いがある方、高血圧症の方も同様に、症状に影響を与える可能性があります。

心血管障害のリスクが高まるため、35歳以上で1日15本以上の喫煙をする方も服用を控えてください。

重篤な肝障害や腎障害がある場合も、代謝が正常に行われない可能性があるため服用しないようにしましょう。

ヤスミンとの併用に注意が必要な医薬品

肝機能値を悪化させるおそれがあるため、オムビタスビルやパリタプレビル、リトナビルを含んだ医薬品との併用は禁止されています。

すでにこれらの成分を含んだ医薬品を服用している場合、ヤスミンの服用を避けてください。

 

また、一部の医薬品との併用にも注意が必要です。

一部の抗生物質は、併用すると腸肝循環における再吸収に影響を与える可能性があります。

耐糖能を低下させる可能性があります。

HIVプロテアーゼ阻害薬や非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害薬との併用は、エチニルエストラジオールAUCを減少させます。

薬物代謝酵素を誘導して効き目を弱めてしまうので、セイヨウオトギリソウを含んだ食品やサプリメントとの併用も避けましょう。

併用に気をつけるべき医薬品は他にも存在するため、すでに何らかの医薬品を服用している方は事前にかかりつけの医師へご相談ください。

ヤスミンの服用時の注意点

服用中は禁煙し、服用開始から6ヶ月後に子宮がん検査や乳房検査、血液検査などを受けてください。

てんかんやポルフィリン症、テタニーなど、何らかの症状がある方は事前にかかりつけの医師へご相談ください。

飲み忘れがあった場合、気付いた時点で前日分の1錠を服用し、通常どおりの時間に当日分も服用してください。2日以上飲み忘れた場合は、1日1錠のペースに戻るまで1日2錠を服用し、異なる避妊法を併用しましょう。

ヤスミンを服用することで引き起こされるおそれのある副作用

吐き気や乳房の痛み、頭痛、片頭痛などが副作用として報告されています。

嘔吐や下痢、肌荒れ、体重増加、血圧の変化などがみられることもあります。

 

重篤な症状では、喘息や血栓症などが報告されています。

そのほかに副作用と思われる症状があらわれたときは、速やかに服用を中止してかかりつけの医師の診察を受けてください。

 

ヤスミンを服用している方の口コミ

30代

唯一体に合うピルです。吐き気もなく服用できます。

他のピルはどうしても副作用で吐いてしまっていたので、これだけが頼りです。

今飲んでる分がもう少しでなくなるので、また新たに購入させてもらいます。

20代

主に避妊目的で飲んでますー!これ、お肌の調子もなんか良くなる気がするんですよね~。

お値段も安くて使いやすいし、飲み方も特別気をつけなくていいから超便利です!

生理痛も軽くなってきた気がするし、これからもリピしちゃいます☆

40代

20代の頃からずっと飲み続けています。

年齢的にもうすぐ飲めなくなりますが、ずっと副作用に悩まされずに飲んでいます。

病院やクリニックに行かなくても手に入るので、忙しくても無理せず手に入れられるのが本当に助かります。

20代

うーん……これ、今まで使ってきた低用量ピルの中で一番イマイチかも(^^;)

しばらく飲んでるのに生理痛の重さはそのままだし、頭痛とか吐き気とかでめちゃくちゃ体調悪くなるんですよね~。

めちゃくちゃ体に悪い薬って感じがします。

30代

一緒に飲むときに気をつけないといけない薬が本当に多くて、使いにくい。

私はもう飲んでる薬が引っかかっていたので、購入したはいいけど一度も飲まずに終わってしまいました。

すでに何かお薬飲んでる人は注意したほうがいいと思います。

ヤスミンを購入する方法とは?

ヤスミンを服用したい場合、医療機関を利用するのが一般的です。

ですが、入手法が限られているわけではなく、個人輸入代行の通販で購入することもできます。

個人輸入代行の通販では、海外で販売されているヤスミンを自宅から簡単に手に入れられます。

医療機関で処方してもらうときよりも薬代が安くなりますが、受け取るまでに1~2週間ほど時間がかかるので注意しましょう。

上手に通販を利用して、ヤスミンをお得に手に入れましょう。

ヤスミンの購入はこちら

Copied title and URL