重い生理痛やPMSの対策に効果的なヤーズについて知ろう

女性の体は月に1回の周期で生理を迎え、その際にさまざまな症状があらわれることがあります。

生理痛はその中でも代表格といえる症状で、多くの女性を悩ませています。

痛みの強さには個人差があり、痛みが軽い人もいれば重い人もいます。

場合によっては日常生活に支障をきたしてしまうため、何らかの対処が必要です。

ヤーズの効果や作用について

生理痛の対策に効果的な医薬品として、ヤーズがあります。

ヤーズは大手の製薬会社であるバイエル社が開発、販売している信頼性の高い低用量ピルです。

排卵や子宮内膜が厚くなるのを抑え、生理に伴うつらい症状を緩和します。

 

ヤーズには、ドロスピレノンとエチニルエストラジオールという2つの女性ホルモンが配合されています。

ドロスピレノンは、女性ホルモンのうち黄体ホルモンに分類される成分です。

子宮内膜に厚みを与えて子宮内の環境を整え、受精卵が着床しやすい状態にします。

一方、エチニルエストラジオールは卵胞ホルモンに分類され、卵胞が成熟したことを脳に伝え、卵胞の成熟を止める効果があります。

これらのホルモンを体内に取り入れることによって、体内の女性ホルモンのバランスを変化させ、体が妊娠した状態と勘違いさせます。

これにより、卵胞の成熟や子宮内膜の増殖、子宮の収縮などを抑え、月経困難症を改善します。

 

また、排卵や子宮内膜の増殖が抑えられると、痛みの原因になるプロスタグランジンの産生も抑えられます。

痛みを引き起こす物質の量が減少することにより、生理時の痛みが緩和して重い生理痛が軽減されます。

乱れていた生理周期を整え、安定させる効果にも期待できるので、生理不順にお悩みな方にもお使いいただけます。

 

このような特徴があるピルは1相性ピルと分類されています。

1錠中に配合されている女性ホルモンの量が一定で、どのような順序で服用しても問題ないように作られています。そのため、はじめて低用量ピルを服用する方にも使いやすく、安心して服用することができます。

ヤーズの服用について(用法用量)

1日1錠をなるべく毎日同じ時間に水やぬるま湯と一緒に服用します。

最初は薄いピンク色の錠剤を24日間連続して服用し、25日目からは白い錠剤を4日間、連続して服用します。

この合計28日間を1サイクルとし、29日目からは新しいシートの1から服用を再開してください。

ヤーズを服用する前に該当していないかチェック

ヤーズを服用できない人

妊娠中または妊娠の可能性がある方、授乳中の方

妊娠中の女性に対する安全性が確立されていません。

また、母乳の量的質的低下や乳児において黄疸や乳房腫大などが報告されています。

エストロゲン依存性悪性腫瘍や子宮頸がん、その疑いがある方

腫瘍の悪化、あるいは顕性化を促すことがあります。

血栓性静脈炎や肺塞栓症、脳血管障害、冠動脈疾患またはその既往歴がある方

血液凝固能が亢進されてこれらの症状が悪化するおそれがあります。

35歳以上で1日15本以上の喫煙をする方

心筋梗塞をはじめとした心血管系の症状があらわれやすくなると報告されています。

前兆を伴う片頭痛の症状がある方

前兆がない方と比べて脳血管障害が発生しやすくなると報告されています。

重篤な肝障害や腎障害、肝腫瘍の症状がある方

肝臓や腎臓に過度な負担を与える可能性があります。

また、肝腫瘍の症状がある状態で服用した場合、症状が悪化することがあります。

脂質代謝異常や高血圧の症状がある方

心血管障害が発生しやすくなるほか、脂質代謝に影響を及ぼして症状が悪化することがあります。

ヤーズとの併用が禁止されている医薬品

オムビタスビル、パリタプレビル、リトナビルなどのC型慢性肝炎治療薬

ヤーズとの併用により、肝機能値が悪化するおそれがあります。

肝炎の治療が終了してから約2週間後に、ヤーズの服用を再開することができます。

ヤーズとの併用に注意が必要な医薬品

副腎皮質ホルモンや三環系抗うつ薬、セレギリン

併用することにより、これらの医薬品の代謝を抑えるおそれがあります。

テオフィリン、チアニジン

これらの医薬品の代謝酵素を阻害するおそれがあります。

その結果、成分の代謝が正常に行われず、効果や副作用が強まってしまうおそれがあります。

血糖降下薬

耐糖能を低下させてしまい、血糖降下薬の効果が弱まるおそれがあります。

ラモトリギン、モルヒネ、サリチル酸系抗炎症薬

ヤーズとの併用により、これらの医薬品のグルクロン酸抱合を促すおそれがあります。

セイヨウオトギリソウを含む食品やサプリメント

薬物代謝酵素が誘導されてヤーズの代謝を促すおそれがあります。

ヤーズを服用する際の注意点

服用中の間は禁煙してください。

飲み忘れがあった場合、1~24日目の間であれば気付いた時点で忘れた分を服用し、次の服用は普段どおりの時間に行ってください。

25~28日間であれば飲み忘れた分を破棄し、普段どおりに次の服用を行ってください。

長期的に服用する場合は、6ヶ月ごとに血圧や乳房、腹部などの検査を受けてください。

また、ヤーズの服用中に激しい下痢や嘔吐が続いた場合、有効成分の吸収が低下して妊娠する可能性が高くなります。

2周期連続して消退出血がみられなかった場合、妊娠の可能性がありますので、必ずかかりつけの医師へご相談ください。

ヤーズを服用することで引き起こされるおそれのある副作用

悪心や頭痛、嘔吐、不正子宮出血、月経痛、下腹部痛、血液凝固検査異常などが副作用として報告されています。

また、服用開始から1~2周期の間は、吐き気や乳房の張りなどがみられることがあります。

重篤な副作用では血栓症が報告されています。

そのほかに重篤な副作用と思われる症状があらわれた際は、速やかに服用を中止してかかりつけの医師の診察を受けてください。

ヤーズを服用している方の口コミ

20代

生理痛があまりにも重くて困っていたので、飲み始めました。

最初は副作用がちょっとつらかったんですが、今は体が慣れたようで問題なく使えています。

生理痛が原因で仕事を休まなくてもよくなったので、本当に助かっています。

20代

病院よりも通販で買うほうがすっごく安いですよ!

うちはヤーズ愛用者なので、もうずーっと通販で買ってます!

30代

いつもお世話になっているピルです。何度もリピ買いしてます。

生理がくるたびに憂鬱で本当に苦しい思いをしていましたが、ヤーズのおかげでだいぶ楽になりました。

使いやすい1相性ピルなのも個人的に助かります、また購入させてもらいます。

20代

いつもお世話になっているピルです。何度もリピ買いしてます。

生理がくるたびに憂鬱で本当に苦しい思いをしていましたが、ヤーズのおかげでだいぶ楽になりました。

使いやすい1相性ピルなのも個人的に助かります、また購入させてもらいます。

30代

避妊目的でも使えるとインターネットで噂だったので、それがきっかけで購入しました。

でも、本当に避妊できているのかわからなくて不安になったので、途中で使うのをやめました。

ヤーズを購入する方法とは?

ヤーズの入手法は、病院やクリニックで処方してもらうのが一般的な方法です。

しかし、病院やクリニックを利用すると薬代が多くかかってしまい、金銭的な負担が大きくなってしまいます。

 

医療機関での処方のほかに、ヤーズは個人輸入代行の通販で購入することもできます。

インターネットを通じて自宅から簡単にヤーズを手に入れることができ、気になる薬代も安く抑えられるため、金銭的な負担を軽減しながらヤーズをお使いいただけます。

少しでもお得にヤーズを服用したい場合は、通販の利用をおすすめします。

ヤーズの購入はこちら

Copied title and URL